自分に合った英語学習法を見つける

英語が理解できるようになるには文法ももちろん大事ですが、言葉をたくさん覚えておいたほうが、より早く内容を知ることができます。
単語を多く知っておけば、辞書などで言葉の意味を調べる時間がそれほどかかりません。

私は長年英語を勉強していますが、あまり上達した実感がわいていないのが現状です。
そこで、基本に立ち返って、中学生のころにやっていが英語学習の方法を取り入れてみることにしました。

長文でも1文ずつじっくりと見て行くことによって、言葉の意味や繋がり方、文章内での使い方などがわかってきます。
単語をバラバラにして、それだけをひたすら丸暗記をするよりも、文章を覚えて行ったほうが、応用が利くようになるようです。

私は中学時代、英語が好きで、成績もそこそこ良かったので、その当時の英語学習の方法が自分には適しているように思います。

人それぞれ、向いている英語学習法が違っていると思います。
いろいろな人の英語学習法を参考にしながら、自分で得意な方法を見つけて行くのが良いと思います。
もし留学できるなら、若い頃に短期留学して英語を上達させておくと苦労せずに済むと思いますよ。もちろん、英語がペラペラになるには相当な努力が必要でしょうけどね。