留学でジャパングリッシュからの脱却

留学のように、実際に現地留学して英語を学ぶのは非常に有意義な事だと思います。やはり、日本で日本式の英語学習をするのとは大きな違いがあるからです。日本式の英語学習というのは、ハッキリ言って受験用の趣が強く、「使える英語」とは程遠いのが現実です。学校現場で習う英語の場合、そのほとんどにおいて、日本人同士でコミュニケーションを図るため、いわゆるジャパングリッシュが横行しているからです。このような環境では、英語能力を伸ばすどころか、変な英語(の癖)が身についてしまいかねません。これは、後々(高校、大学、社会人)の人生で英語を学ぶ上である種、大きな障害であり、早い段階で適切な英語に触れておく必要があるかと思います。だから、冒頭で述べた通り、留学は非常に有意義なのです。現状では、ジャパングリッシュから脱却するための、最も手っ取り早い方法だと思いますし、若いうちにいろんな国の人たちとコミュニケーションを図れるのは、人生においてもとても意義のある事だと思います。